• 転職サイトランキング

マイナビジョブ20’sの評判は?面談・面接・職務経歴書・退会方法など転職サポート内容まとめ

マイナビジョブ20'sは株式会社マイナビワークスの運営する、20代を対象とした専門転職エージェントです。

大手マイナビグループのノウハウによって、第二新卒や社会人経験の浅い人に向けたサービスです。

特に第二新卒は様々なエージェントで力を入れていますが、マイナビジョブズ20’sはどうなのでしょうか。

 

マイナビジョブ20'sの口コミ・評判はどう?

マイナビジョブ20'sの口コミ・評判はどう?

毎年17,000人の20代がマイナビジョブズ20’sに、登録をして利用しています。

転職エージェントということですので、社会人経験のある人が対象になっています。

マイナビジョブズ20’sは新卒や中途採用扱いと特に対象者を明言はしていませんが、既卒については余りおすすめはできません。

 

既卒の場合はマイナビジョブズ20’sではない、マイナビグループのほかのサービスを利用することをおすすめします。

マイナビジョブズ20’sではキャリアアドバイザーがなかなか本人でも気づかない、適正を見いだしてアドバイスをしてくれます。

そのため、自分の希望していた企業を「向いていないのではとはっきりといわれた」人が、キャリアアドバイザーから紹介された求人に入社して今は活躍している人もいます。

 

ゆとり世代の転職20代の転職はおまかせという感じで
マイナビジョブ20’sがありますが、普通のマイナビと
何が違うのですか?

https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q14160454924?__ysp=44Oe44Kk44OK44OT44K444On44OWMjAmIzM5O3M%3D

 

マイナビジョブ20'sの退会は簡単にできるの?

もし、マイナビジョブ20'sをやめたいとなったときには、利用ガイドにある退会フォームから、必要事項を記入して退会することができます。

また同時に、退会のときに登録内容も取り消せますので、退会は簡単にできるので安心してください。

 

マイナビジョブ20'sにおける転職サービスの8コの特徴

マイナビジョブ20'sにおける転職サービスの8コの特徴

カウンセリング

マイナビジョブ20'sではカウンセリングを行う前に、適性診断や登録時の情報をもとに担当のキャリアアドバイザーを決めます。

キャリアアドバイザーは、20代の転職を専門としているので、今の転職状況や今後のキャリアの相談を気軽にできます。

カウンセリングではただ求人を紹介するだけでなく、しっかりと自分の適性を見極めて求人を紹介してくれるため信頼してお任せできます。

 

なお、マイナビジョブズ20’sの拠点は東京、名古屋、京都、大阪ですが、自宅近くにマイナビジョブズ20’sの拠点がなくても登録をして利用ができますので安心してください。

拠点から離れている人は、求人の紹介やカウンセリングはメールや電話でも対応してくれるので地方の人でも気軽に利用ができます。

 

適性診断

適性診断テストはカウンセリングで必要となりますので、登録と同時に行われます。

この適性診断テストは、世界中で毎年数千万人が受検している、アセスメントサービスプロバイダーの協力で作ったものです。

豊富なデータベースから高い信頼性をもつので、客観的に自分をみることができるのでおすすめなサービスです。

なお、この適性診断テストでは9つのタイプを、パーソナリティで診断されて自分の強みを知ることができます。

 

このように自分の強みを知ることで自信がつき、面接での受け答えでの強みや弱みを把握することができ、自分をどういうタイプであるのか知ることで就職活動に生かすことができるでしょう。

強みだけを知るのも良いですが、弱みを知ることで就活前にフォローや対処法が用意できます。

マイナビジョブズ20’sを利用した人で、適性診断が「仕事スタイルが確認でき、具体的なビジョンをもてた」「自分の強みや特徴をどのように仕事で生かせるか分かった」といっています。

 

求人のマッチング

マイナビジョブ20's では1,000件以上ある求人のなかから、自分の希望や適性をみてキャリアアドバイザーから求人を紹介してくれます。

しかし、紹介されたといっても応募するのではなく、しっかりと自分の今後について向き合った上で活躍できそうなところを探していくことにあるでしょう。

キャリアアドバイザーは希望をヒアリングしてくれますが、ときには希望に対して適性ではないと判断した場合は他の企業や方向を提案してくれます。

客観的に判断をしてくれますので、入社後のミスマッチが少なく長く活躍している人が多くなっています。

 

履歴書・職務経歴書の添削

書類通過率が2割という難関を突破するために、マイナビジョブズ20’sでは履歴書・職務経歴書の書き方をしっかりと指導してくれます。

企業の採用担当者は膨大な応募者の書類のなかから、端的にみて人選をします。

その膨大な書類のなかから、印象づけをしないとなかなか書類選考には通過しません。

まずはきちんと目を通してもらえるような、書類作成をマイナビジョブズ20’でsは目指しています。

 

企業が20代の応募者に求めるのは、「ポテンシャル」「やる気」「人柄」となっているところが多くなっています。

そこでその点を踏まえて、職務経歴書にどうやって記入すれば良いのかというと、虚偽や過度のアピールをするのではなく、自分が何をしてきてどう対処し結果を出したのかを伝えるのが良いのかを覚えるために指導をしてくれるのです。

素直に自分を表現することで、謙虚さや入社してからの周りとの協調性について想像ができ、企業は把握しやすいすくなります。

そこで、マイナビジョブズ20’sの指導する職務経歴書の書き方をまとめてみました。

 

◇経歴要約

経歴を端的に記入することと目標達成のために、努力や工夫をしたことを載せると良いでしょう。

 

◇職務経歴

会社概要は細かく記載します。採用担当者がどのような会社で働いていたのかが分かりやすく、イメージしやすくなります。

 

◇資格・スキル

取得したスキルや資格は全て記入しましょう。まだ取得はしていなくても、今後取得予定のものがある場合は、〇〇勉強中とするとアピールができます。

 

◇自己PR

20代ならではの、やる気やポテンシャルをアピールすることで、企業にどれくらい貢献できるのかを伝えられます。

 

◇職務経歴詳細

「いつからいつまで」「何を」「誰に」「どのように」「実績」を記載するようにします。

実績を書くときは数字を入れると伝わりやすくなります。

 

面接対策

面接対策

企業に応募して書類選考に通過した後は、面接対策としてキャリアアドバイザーと行います。

キャリアの浅い人は、ポテンシャルややる気、そして人柄を伝えていく必要があります。

なお、面接の形式によって対策も変わります。

マイナビジョブズ20’sが面接対策をするに辺り、形式別に指導するポイントをまとめてみました。

個人面接
応募者が一人に対して面接官は一人から複数の面接形式です。
他の人がいないのでしっかりと自分のことを伝えられます。
集団面接
複数の応募者と同時に受ける面接形式です。
他の応募者がいるので時間が限られているなかで、自分を伝える必要があります。
また他の人の話を聞くことも大事です。
グループディスカッション
複数人でひとつのグループを作り、あるテーマについて議論します。集団のなかでの役割や自分の意見をいえるのかをみます。さらには他の人の意見を理解し、全体の意見をまとめられるのかをみます。
プレゼンテーション
与えられるテーマについてプレゼンテーションをする形式です。
自分の意見をしっかりと伝えると良いでしょう。

面接を行うことで表情や身だしなみ、態度や言葉遣いからその人の第一印象が決まります。

その第一印象から企業はどのような個性があり、どんな強みがあるのかをみます。

面接では具体的な志望動機を伝える必要があり、その会社が何をしていて、どんなことをしているのか事前に調べることをしましょう。

 

応募者の希望職務と、企業の職務にミスマッチがないか具体的にチェックをします。

そのため、今までの経歴と応募した企業の職務をきちんと把握することが大切です。

また、企業に入社してからの周りの人との協調性も確認されます。

その人の個性が周りとどう合うのかを、採用担当者は知りたいので自分を飾るのではなく、面接では自分らしさを伝えられると良いでしょう。

 

企業との交渉代行

転職には企業とのやり取りが幾つかあります。

応募、書類選考、面接、内定、入社とそれぞれの状態で企業との交渉を、マイナビジョブズ20’sが代わりに行ってくれます。

応募では履歴書や職務経歴書のほかに、推薦状をキャリアアドバイザーが作成し、適性診断の結果をもとに強みをアピールしてくれます。

 

企業は客観的にみた人物像をみることができるので、高い評価に結びつきやすくなるのでしょう。

なお、面接の日程や入社日の調整などは、こちらの希望に合わせてくれます。

在職中の人は退職時期も考慮しなければならないので、キャリアアドバイザーが代わりに調整してくれることは助かります。

内定が決まったときに自分からはいいにくい収入面の希望や、休日の希望などを伝え交渉の代行をしてもらうこともできます。

 

非公開求人情報多数

マイナビジョブズ20’sは扱う求人の80%が非公開求人であり、登録した人しか応募ができない求人が豊富にあります。

職種や業種も様々にあり、第二新卒のほかに女性に特化したものもあり安心です。

未経験歓迎の求人も多く、異業種間での転職も可能です。20代の転職は、新しい業界へのチャレンジがしやすいので、今後のキャリアを見据えて飛び込むことができます。

 

マイナビジョブ20sなどの第二新卒に特化した転職エージェントについて質問です。

1年働いてから転職を考えています。

12月頃から本格的に転職活動をしようと思っているのですが、新卒の時
も内定がなかなか取れなかったので12月からいきなり就活するのが不安です。

なので、早めにいろいろと準備しておこうと思い転職エージェントに登録するか考えています。

ここは、求人を紹介してくれるサービスだと思うのですがまだ求人の応募を5ヶ月先にしようと思っている私でも登録して大丈夫なのでしょうか?

https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q10148697025?__ysp=44Oe44Kk44OK44OT44K444On44OWMjAmIzM5O3M%3D

 

サービスの利用が完全無料

マイナビジョブズ20’sのサービスは、全て無料で利用ができます。

企業からの求人紹介料で運営しているので、利用者には一切費用がかかりません。

入社してから求人紹介料を支払う企業にとっても利用者にとっても、リスクはなく安心して利用できます。

ただしカウンセリングのための来社時、面接時の宿泊費用や交通費は自己負担となっていますので注意をしましょう。

 

マイナビジョブ20's登録~内定までの流れ

マイナビジョブ20's登録~内定までの流れ

申し込み、登録はWebサイトのフォームからとなります。登録時には個人情報(氏名、年齢、住所、電話番号など)と職歴と学歴を記入します。

その後にキャリアアドバイザーから、カウンセリングの日程調査などの連絡がありますので待ちましょう。

カウンセリングの日程が決まったら、その日までに適性診断を受けることになり、カウンセリングでは登録時の情報と適性診断結果をしてくれます。

これらの情報をもとに、登録者の希望をヒアリングしながら求人を紹介してくれます。

 

なお、企業へ応募をするときに必要な書類の、添削と指導をしてくれて、書類選考の通過をバックアップしてくれます。

業種や職種別、さらには第二新卒のタイプ別に職務経歴書を作成していきます。

そして、書類選考に通過したら、面接対策に入ります。

面接形式によって企業へ自分のことを伝えたり、アピールの仕方が変わったりします。

 

その対策として、キャリアアドバイザーと模擬面接を実施してくれます。

もし書類選考や面接で見送りとなった場合には、企業から理由を聞いてもらえるので、次にどのようにしたらいいのか分析をして経験を生かせるようになっています。

 

マイナビジョブ20'sはどんな人におすすめ?

第二新卒や転職が初めての20代の人のように社会人経験の浅い人に向いているといえるでしょう。

社会人経験が数か月の人の利用も多く、社会人経験の長さをみた上で対策をしてくれます。

また拠点が東京、名古屋、京都、大阪にあるので求人も関東、東海、関西を中心としたものが多いです。

この地域での転職を考えている人にはおすすめといえます。

 

まとめ

マイナビジョブズ20’s は第二新卒や社会人経験の浅い人に適した、転職エージェントといえます。

拠点の置かれているエリアから、関東や東海、関西方面で転職を考えている人にはおすすめです。

適性診断をすることで自分の強みや弱みを知り、企業でどのような活躍ができるのかを知りたい人は、マイナビジョブズ20’sに登録すると良いでしょう。






同じカテゴリーの最新の記事