• 転職サイトランキング

未経験からITエンジニアに転職する方法まとめ

転職を考えるときに、「専門的な技能が手に入る仕事がいい」と考える人が増えています。

専門的な仕事として、よくあげられるものにプログラマなどのITエンジニアがあります。

しかしこのような専門職は、未経験からの転職が難しい印象があります。今回は、未経験でもITエンジニアに転職する方法を紹介していきます。

 

ITエンジニアに含まれる仕事とは

ITエンジニアに含まれる仕事とは

ITエンジニアとは、ITに関する技術者の総称です。つまりITエンジニアと一言でいっても、担当する仕事によって名前が変わっていきます。

代表的なものに、システムエンジニア(通称SE)や、プログラマなどがあげられます。

他にも、ネットワークエンジニアやWEBエンジニア、データベースエンジニアなど様々な職業があります。

 

全てITの商品を作り上げる点では共通していますが、専門分野が大きく異なります。

例えば、WEBエンジニアであれば、WEBサイトのシステムや、WEBを見たり操作したりするためのアプリケーションの開発が仕事になります。

ただし、WEBサイトのデザインを作り上げるためには、違う技術が必要になるためマークアップエンジニアという異なる職業があります。

このように、ITといっても幅広い分野が存在しており、それぞれの専門家が活躍している業界がITエンジニアになります。

 

システムエンジニアの仕事内容

ITエンジニアの中でも、特に核となるのが仕事がシステムエンジニアです。

仕事内容は、クライアントからコンピューターのシステム開発の相談を受け、システム開発の設計図や開発スケジュールを組み立てることが主になります。

必要があれば、開発やテストに携わりシステム開発の補助をすることもあります。

そのため、システム開発のための技術的スキルはもちろん、クライアントとの打合せをこなすためのコミュニケーションスキルも必要となってきます。

 

それが未経験からとなると、新たに覚えなければならない知識も多く、納期に追われることも多いため、最初は慣れるまでかなり大変のようです。

その一方で、自分で考えたプログラムを組み立てることができるため、やりがいも大きくなります。

このことから、ITに興味があり、アイデアを出したり自分から企画を提出したりすることが、好きな人にはおすすめの職業です。

 

私は将来システムエンジニアになって、ITシステムを作ってみたいと思っているのですが、ITシステムって例えばどんな物があるんですか?
電車の運行システムとかもITシステム?
生活の中にすごく色々溢れてますよね?

https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q10152321005?__ysp=44K344K544OG44Og44Ko44Oz44K444OL44Ki

 

システムエンジニアに求められるスキル

システムエンジニアには、様々なスキルが求められます。

ひとつ目に、プログラムなどの技術的なスキルです。システムエンジニアは、プログラマなど他の仕事と比べて、直接システムを開発する機会は余りありません。

しかし開発をしないからといっても、システム開発やプログラミングの知識がなくては、クライアントとの打合せやシステム開発のプランニングに支障が出ます。

 

そこで、基本的なコンピューターの知識と、担当するシステムのプログラム言語などの技術的スキルを身につけておくことが重要です。

ふたつ目は、コミュニケーション能力や交渉能力です。

システムエンジニアの中心の仕事は、クライアントとの交渉で、相手の要望を上手に聞き出すことや、ときには価格の交渉や内容の調整をしなければなりません。

システムの利点や特徴を言葉にして、相手に伝わるようにまとめる能力も必要です。

 

システムエンジニアになるために必要な資格はあるの?

システムエンジニアになるために、直接的に必要な資格はありません。

弁護士や税理士のように資格を取得することなく、システムエンジニアに転職することは可能となります。

しかし、プログラミングの技術がなければ、システムエンジニアに転職することはかなり難しいでしょう。

そこでプログラミングやシステム開発の知識や経験がない人は、転職に際して取得しておいた方がよい資格があります。

 

例えば、国家資格のひとつである「情報処理技術者」です。「情報処理技術者」は、IT関連の仕事に就く人の技術が、一定以上の水準にあることを証明する資格です。

難易度やスキルの内容によって、幾つか資格の種類があります。

情報処理の知識が余りないのであれば、初級レベルの「ITパスポート試験」や「基本情報技術者試験」を受験することをおすすめします。

「ITパスポート試験」はITに関する基礎的な内容が問われるため、専門的な知識がなくても解ける問題もあります。

「基本情報技術者試験」は少し深く入り込んだ試験内容になっています。出題範囲が広いため、システム開発の基礎知識を備えるためにはうってつけといえます。

おすすめ資格 資格内容
ITパスポート試験 基礎的なITの情報を持っているかの試験
基本情報技術者試験 ITエンジニアになるための基礎知識を持っているかの試験

 

プログラマの仕事内容

プログラマの仕事内容

プログラマの仕事は、プログラミング開発とテストがメインです。

クライアントからの依頼をシステムエンジニアが受注し、基本設計を行ないます。

プログラマの仕事は、システムエンジニアが作成した設計図をもとに、プログラムを書いて開発にあたります。

設計図通りにプログラミングを行うので、知識さえあれば簡単な印象に見えますが、実際の開発では設計図に書かれていない細部の内容までプログラムに起こさなければなりません。

 

これらの作業の場面において、プログラマとしての力量が問われる場面になります。

またプログラミングが完了した後の、動作確認も仕事内容に含まれます。

入念なチェックを行ない、製品として完璧なものであるかの確認もプログラマの仕事です。

 

プログラマって簡単な職業なの?
ブラック企業と呼ばれるものの代表に、零細IT下請けがあります。そこに属するプログラマの悲惨な勤務実態が映画になったり友人もあれすらなまぬるい天国職場といってます

プログラマっていうのは、ポイポイ使い捨てが効くような簡単な職業なんでしょうか?
そうでないとしたら、どうしてそんなに冷遇されるんでしょう
若者は根性ない 軽い理由で辞めるのがあらゆるよく職場で見かけます

https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q11156946586?__ysp=44OX44Ot44Kw44Op44Oe

 

プログラマに求められるスキル

プログラマに求められる技術は、まずプログラミングの技術が前提として必要です。

しかし、システムエンジニアと同じく、コミュニケーション能力も同じくらい大事になってきます。

プログラマの仕事は、多くがチームごとに分かれて複数人で作業することになります。

そのときに、お互いの作業状況や作業内容の調整を行なう必要があるのです。

 

さらに、プログラマの仕事は問題解決能力も必要になります。

開発したプログラムを組み合わせることで、ひとつのシステムを作ることができます。

しかし、このプログラムとプログラムをうまく組み合わせるには、プログラミングの技術だけではできません。

うまくプログラムが作動しないときに、修正箇所がどこにあるのかを発見できる問題解決のスキルが大切になります。

このスキルは実践を通して、養われる力でもあるので実際に簡単なソフトを、開発してみることが重要になります。

 

プログラマになるために必要な資格はあるの?

プログラマになるために必要な資格はあるの?

プログラマもシステムエンジニアと同じく、必要となる資格はありません。

しかし、プログラミングの能力を示すための資格を持っていると、転職のときに有利になるのもシステムエンジニアと一緒です。

国家資格の「情報処理技術者」はプログラマでも有利になる資格のひとつですが、プログラマであれば、「Oracle Certified Java Programmer」という資格もおすすめです。

この「Oracle Certified Java Programmer」はJavaというプログラミング言語を習得しているかの指標になる資格となります。

 

Javaは、プログラミング言語の中でもポピュラーな分野なので、幅広い企業で使われています。

「Oracle Certified Java Programmer」を取得していることで、プログラミングをある程度理解しているとみなしてくれる会社も多くあります。

「Oracle Certified Java Programmer」は難易度によって、Gold、Silver、Bronze の3種類に分かれています。

Bronzeが、最も難易度が簡単なものになりますので、未経験者ならまずはここから受験することがおすすめです。

 

Oracle Certified Java Programmerの種類

Gold Javaプログラミングを自力で行なえる
Silver 上級者の指示を受けながらプログラミングができる
Bronze Javaの基礎的知識を持っている

 

転職エージェントに登録!キャリアアドバイザーに相談が成功のコツ

ITエンジニアの転職は、転職エージェントという転職サポートサービスに登録することをおすすめします。

転職エージェントとは、専門のキャリアアドバイザーが転職希望者にあった求人を見つけ出し、紹介してくれるサービスです。

このキャリアアドバイザーに、自分のすすみたいITエンジニアの情報や自分の持っているスキルを伝えることが大切になります。

転職エージェントに登録すると、初めにキャリアアドバイザーとのカウンセリングになります。

 

企業によって異なりますが、大体1時間以上しっかりと転職希望者の話を聞いてくれます。

この場でのカウンセリングをもとに、希望と合うような求人を探してもらうことができます。

転職アドバイザーに相談することの魅力は、集めることのできない知識まで教えてもらえることにあります。

例えば、未経験者募集のシステムエンジニアの求人があったとしても、年齢の上限を設けている企業が多く、応募してみたものの書類選考で落ちてしまったということはよく聞く話です。

キャリアアドバイザーであれば、企業との打合せ時に求める人材を確認しているので、このような書類選考で落とされてしまう可能性が低くなります。

 

転職活動のサポートまで手厚く行なってくれる

転職エージェントは、希望にかなった求人を紹介してくれると同時に、面接や書類記入など転職活動に必要なサポートも行なってくれます。

新卒の就職活動と異なり、転職活動では必要な情報を教えてくれる機会は少なく、その一方で、転職活動は新卒の就職活動と異なる部分が多くあり、面接や書類記入を就職活動と同じように行なうと失敗してしまう原因になってしまいます。

 

転職エージェントは求人紹介後に、履歴書や職務経歴書の添削や面接を受ける際の注意ポイントなどを教えてくれるため、対策をしっかり行なうことができます。

さらに、面接の日程の調節や、入社後の給料の交渉なども代理で行なってくれます。

転職エージェントを利用することで、一人で転職活動を行なうよりも楽にすすめることができます。

まずは自分に合った転職エージェントを見つけることが、転職活動を有利に行なうために大切になります。

 

まとめ

ITエンジニアは専門職のため、余り未経験からの転職は多くありません。

しかし、専門スキル以外にも、必要なコミュニケーション能力や問題解決能力をアピールすることで、転職を成功させることも可能です。

転職エージェントを上手に利用して、転職活動を有利にすすめていきましょう。






同じカテゴリーの最新の記事

  • 未経験からITエンジニアに転職する方法まとめ

    転職を考えるときに、「専門的な技能が手に入る仕事がいい」と考える人が増えています。 専門的な仕事として、よくあげられるものにプログラマなどのITエンジニアがあります。 しかしこのような専門職は、未経験からの転職が難しい印象があり...


  • ITエンジニアの転職に本当に役立つ転職エージェントまとめ

    ITエンジニアの転職に本当に役立つ転職エージェントをまとめました。 ITエンジニアといっても、SEからプログラマーと様々な職種があります。またIT業界は常に人手不足といわれ、数多くの求人があります。 そこでせっかく転職するのであ...


  • 正社員を目指す女性の転職におすすめの転職エージェントまとめ

    正社員を目指す女性の転職におすすめの転職エージェントをまとめました。 女性が正社員として転職するには、幾つか押さえておきたいポイントがあります。 そのポイントを教えてくれたり、手伝ってくれたりするのが転職エージェントのアドバイザ...


  • ノルマがきつくて営業を辞めたくなった時のベストな対処法は1つだけ

    営業職は会社が決めたノルマを達成することができれば、モチベーションもあがりますが、逆にノルマがきつく達成できる見込みがないと非常につらいものです。 ノルマを達成できない月がときどきであればましですが、これが毎月になると仕事を辞めたくな...


  • 大学中退から正社員になる!おすすめの就職支援サービスまとめ

    日本の大学中退率は世界的にみて低いとのことですが、ここ数年は増加傾向にあるようです。 大学を卒業した場合でも、なかなか就職をするときには苦労をしますが、中退をした人はなおさら不安に感じてもおかしくはないでしょう。 そこで、20代...


  • 第二新卒におすすめの転職エージェントを完全網羅

    「就活で希望の会社に入社できたものの、業務内容が自分に合っていなかった」と、このような悩みを持ち、新たに第二新卒として転職活動をする人は年々増加しています。 しかし、新卒の就活とは違い情報が少ないため、転職活動に苦戦する人も多いようで...


  • 入社1年目にして仕事をやめたくなった時は迷わず転職すればイイんだよ

    苦労をしながら就職活動を頑張って入社したのに、職場になじめなかったという人もいます。 入社1年目で転職を考えるとき、また就職活動をしなくてはと、多くの人が不安に思うでしょう。 そこで、仕事をやめる前に、事前に考えることを見ていき...


  • 中国語を活かせる仕事に転職するために必要な語学レベルの基準

    中国と言えば、GDPが世界第2位(2017年7月現在)と、アメリカに次ぐ経済大国になっています。 ビジネスで海外と取引をするときにも、中国の会社は避けて通ることはできません。 したがって、英語に匹敵するぐらいに中国語の需要も高ま...


  • 外資系転職に失敗したくない人におすすめの転職エージェント

    転職を考えるときにひとつの選択肢として、外資系企業への転職が候補にあがると思います。 また、日本企業からの転職の場合は、外資系企業に向いている人もいるでしょう。 しかし、外資系企業の情報は、日本企業よりも収集することが難しいとこ...


  • ボーナス格差に絶句。年代・企業別平均ボーナス相場まとめ

    「うちの会社はボーナスが無い」ということを、聞くことがあります。うちの会社だけ他の会社はちゃんとあるのにと疑問を感じる人もいるでしょう。 やはり気になるのが、他の人のボーナスの金額です。どのくらいもらっているのか、どんな職業なのか知り...