• 転職サイトランキング

ITエンジニアの転職に本当に役立つ転職エージェントまとめ

ITエンジニアの転職に本当に役立つ転職エージェントをまとめました。

ITエンジニアといっても、SEからプログラマーと様々な職種があります。またIT業界は常に人手不足といわれ、数多くの求人があります。

そこでせっかく転職するのであれば、これからのキャリアアップにつながるところを選びたいものです。

ITエンジニアとしての転職について詳しく見ていきましょう。

レバテックキャリア

レバテックキャリア公式サイト
  • IT/Web業界最大級の求人数!4,000社以上の実績あり
  • 高い専門知識をもったエージェントが転職をサポート
  • 入社後も安心のサポート

公式サイトで今すぐ簡単登録

サービス内容をもっと詳しく

マイナビエージェントIT

マイナビエージェントIT公式サイト
  • キャリアアドバイザーはIT業界の業務経験あり!
  • マイナビならではの求人情報あり
  • 個別の面接対策で内定率アップ!

公式サイトで今すぐ簡単登録

サービス内容をもっと詳しく

リクルートエージェント

リクルートエージェント公式サイト
  • 非公開求人数約10万件!
  • 土日祝も相談OK!
  • 条件交渉もおまかせ

公式サイトで今すぐ簡単登録

サービス内容をもっと詳しく


レバテックキャリアが46,000人のエンジニアに選ばれる理由


マイナビエージェントITの評判・おすすめポイント


リクルートエージェントの評判・おすすめポイント


システムエンジニアから事務職に転職するメリット・デメリット


ITエンジニアの転職に年齢は関係ない?40代はやっぱり厳しい?

ITエンジニアの転職に年齢は関係ない?40代はやっぱり厳しい?


40代、50代で経験は豊富だけどまだ全体をまとめるような仕事をしたことがないという人は、転職を機にプロジェクトマネジャーやプロジェクトリーダーという職種に就くこともできます。

またその経験を生かして異業種、異業界へ飛び込むことも可能です。

ITエンジニアといっても様々な職種があります。

転職を考えるときに、今までとは違う職種を検討する余地はあります。

一般的にいわれるITエンジニアの職種をまとめてみました。

ITコンサルタント IT戦略やシステム化の企画、立案をする。
データベースエンジニア 膨大なデータの中から必要なものを抽出できるデータベースを設計し、運用と管理をします。
プロジェクトマネジャー プロジェクトの開発計画、チームの編成、進行管理、評価と見直しをします。
セキュリティエンジニア 情報セキュリティを主とした業務です。
プロジェクトリーダー プロジェクトを遂行するときの現場責任者のことです。
運用保守システムエンジニア サーバーやネットワークの運営や管理をします。
システムエンジニア クライアントの要望に合うシステム開発をします。プログラマーに依頼したり自分でプログラミングしたりします。
テクニカルサポート 企業への商品やサービスについての問い合わせに対応します。
プログラマー あらかじめ設計されたシステムをプログラミングします。
社内システムエンジニア 自社システムの開発、保守、管理をします。
サーバーエンジニア システムの運用に必要なサーバーのスペックを検討します。
製品開発者 企業に在籍しIT製品の開発をします。
ネットワークエンジニア 設計、構築、保守、運用に分けられます。
品質管理者 商品やサービスの品質をチェックする仕事です。

社内SEの平均年収|高給与の求人で求められるスキルは?

社内SEの平均年収|高給与の求人で求められるスキルは?

社内SEは最近、「残業が少ない」「プログラムに専念できる」といったことから人気の高い職種です。

その人気の高い社内SEの年収は、20代で約390万円、30代で約520万円、40代では約700万円と高めです。

社内SEであるため、企業によって年収の幅が当然あります。求人票からも見て分かるように、外資系企業は年収が高めといえます。

平成28年の厚生労働省の調査によると、システムエンジニアの年収は20代で372万円、30代で496万円、40代で570万円となっています。

プログラマーは20代で325万円、30代で412万円、40代で472万円です。

 

20代ではどれも差は余りないですが、経験を積むにつれ年収に差が出てくることが分かります。

これらの結果から、社内SEの年収は高く、就職や転職時の競争率が高いのもうなずけます。では社内SEに求められるスキルとはなんでしょうか?

社内SEの仕事内容は、外注の技術者との連携や、開発するシステムの確認、また社内でトラブルが起きたときの対応などがあげられます。

つまり大きく分けて、技術面、管理能力、コミュニケーション能力が必要といえます。



さらに、もっとキャリアを積みたいのであれば、実務能力に加えて、会話力や伝達力、そしてコミュニケーション力を養うと良いでしょう。

ビジネス意識を持ち、常に向上心を持った人が重宝されます。

 

平均年収500万、従業員1300人、社員のほとんどがSEの会社です。大卒1年目の手取りが18万円です。平均年収が500万円ということは月収平均40万だと思うんですか、大卒1年目の手取り18万円という額
からして今後、手取り40万円または30万にいくと考えられません。まして2年目は住民税によって手取り額が減るにも関わらず・・。平均年収500万円というのは本当でしょうか?システムエンジニアの平均年収は500万とネットで見ますが、私の会社のような大卒1年目の手取り18万円でも30歳ころに手取り月収25万円ほどになる可能性はあると思いますか?

https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q10162248055?__ysp=U0Ug5bmz5Z2H5bm05Y%2BO

 

ITエンジニアの就職・転職に有利となる役立つ資格

ITエンジニアといっても、職種によって取得する資格は変わります。

職種ごとに取得すると良い、又は仕事内容に役立つ資格とスキルをまとめてみました。

ITコンサルタント ITコーディネーター試験、中小企業診断士、プロジェクトマネジャー試験
データベースエンジニア 基本情報技術者、CCNA、MCP、OSS-DB
プロジェクトマネジャー プロジェクトマネジャー試験、PMP試験、ITストラテジスト試験、応用情報技術者試験
セキュリティエンジニア シスコ技術者認定、情報セキュリティスペシャリスト、ネットワーク情報セキュリティマネジャー
プロジェクトリーダー プロジェクトマネジャー試験、応用情報技術者試験、情報処理技術者試験、PHP技術者認定上級試験
運用保守システムエンジニア 未経験でも知識があればできますが、CCNA取得を目指すと良いです。
システムエンジニア 基本情報技術者試験、応用情報技術者試験、システムアーキテクテクト試験、ネットワークスペシャリスト試験、
テクニカルサポート ITパスポート、初級システムアドミニストレータ
プログラマー ITパスポート、Oracle Certified JAVA Programmer、C言語プログラミング能力認定試験
社内システムエンジニア Webやオープン系の技術と知識が必要です。
サーバーエンジニア MCP、LPIC、CCNP、CCNA
製品開発者 スケジュール管理と経営者の視点、根気強さ
ネットワークエンジニア ネットワークスペシャリスト、ITパスポート、基本情報技術者、CCNA、CCNP
品質管理者 ITパスポート

就職や転職に有利な資格とは、言い換えれば市場において価値が高くなる要素といえます。

転職を考えていて、時間的に取得できそうであれば、資格試験に挑戦してみてはいかがでしょうか。

特にデータベースやネットワークの知識の証明となる「高度情報技術者試験」は、IT業界に関するすべての人を対象にした試験です。

どの資格を目指したらいいか分からない人は、まずここから受験してみると良いでしょう。

 

プログラマーでなくともプログラミングスキル(コーディングスキル)があると、その人がプログラムを作成するばかりでなく、プログラマーとのやり取りがしやすくなり、仕事の効率があがるので重宝されます。

なおプログラマーはそのとき市場で主流となっている言語によって、保有しているスキルの市場価値が大きく変わってきます。

そこで新たな言語を習得し、スキルアップするのも良いでしょう。

最も使われているのが「JavaScript」です。今後も需要が高いので、新しい言語を取得するときは検討してみても良いでしょう。

 

私はIT業務に付きたくプログラミング等のIT業務を学んでいる最中なのですが、友達の一人から他の人の例を出されITに詳しいのはおたくっぽくIT技術に詳しいのは暗く気持ち悪いと言われました。私
はIT技術は世の中を良くするカッコいい物だと思いますが。その友達は私がITを使ってざっくざっく稼ぐのを予見して嫉妬の気持ちでそういったと思います。その友達は私がここまで傷付いてることは気にせず、その2~3ヵ月後にはIT,パソコンの資格である初級システムアドミニストレーターの試験を受けることにした、と言っている存在位です。・IT社長は社会の花形ですが。その友達は私が苦境に陥った時に裏切り行為をして私いっぱい攻撃した存在です。
その時その友達を論破出来ず、友達の意見・姿勢に合わせプログラミング等を勉強してる時にカッコ悪いな~と思うことがあるのですが、「ITを学んでザックザック稼ぐ」自分の利益も欲しいです。

その人の意見を聴かず、自分の利益を創出することに専念すればよろしいでしょうか。
私はこれからどのような心持ち・こころ構えを持っていけばいいでしょうか???

https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q14157343014?__ysp=SVQg6LOH5qC8

 

まとめ

一口にエンジニアといっても職種は多様です。エンジニアとして転職を考えるときは、自分の今後の方向性を分析する必要があります。

また異業種への転職の場合は、ITスキルを生かせる仕事に就くと良いでしょう。

自分に合う職種についてプロがサポートをしてくれる転職エージェントを利用すると、入社後のミスマッチが防げるのでおすすめです。






同じカテゴリーの最新の記事

  • 未経験からITエンジニアに転職する方法まとめ

    転職を考えるときに、「専門的な技能が手に入る仕事がいい」と考える人が増えています。 専門的な仕事として、よくあげられるものにプログラマなどのITエンジニアがあります。 しかしこのような専門職は、未経験からの転職が難しい印象があり...


  • ITエンジニアの転職に本当に役立つ転職エージェントまとめ

    ITエンジニアの転職に本当に役立つ転職エージェントをまとめました。 ITエンジニアといっても、SEからプログラマーと様々な職種があります。またIT業界は常に人手不足といわれ、数多くの求人があります。 そこでせっかく転職するのであ...


  • 正社員を目指す女性の転職におすすめの転職エージェントまとめ

    正社員を目指す女性の転職におすすめの転職エージェントをまとめました。 女性が正社員として転職するには、幾つか押さえておきたいポイントがあります。 そのポイントを教えてくれたり、手伝ってくれたりするのが転職エージェントのアドバイザ...


  • ノルマがきつくて営業を辞めたくなった時のベストな対処法は1つだけ

    営業職は会社が決めたノルマを達成することができれば、モチベーションもあがりますが、逆にノルマがきつく達成できる見込みがないと非常につらいものです。 ノルマを達成できない月がときどきであればましですが、これが毎月になると仕事を辞めたくな...


  • 大学中退から正社員になる!おすすめの就職支援サービスまとめ

    日本の大学中退率は世界的にみて低いとのことですが、ここ数年は増加傾向にあるようです。 大学を卒業した場合でも、なかなか就職をするときには苦労をしますが、中退をした人はなおさら不安に感じてもおかしくはないでしょう。 そこで、20代...


  • 第二新卒におすすめの転職エージェントを完全網羅

    「就活で希望の会社に入社できたものの、業務内容が自分に合っていなかった」と、このような悩みを持ち、新たに第二新卒として転職活動をする人は年々増加しています。 しかし、新卒の就活とは違い情報が少ないため、転職活動に苦戦する人も多いようで...


  • 入社1年目にして仕事をやめたくなった時は迷わず転職すればイイんだよ

    苦労をしながら就職活動を頑張って入社したのに、職場になじめなかったという人もいます。 入社1年目で転職を考えるとき、また就職活動をしなくてはと、多くの人が不安に思うでしょう。 そこで、仕事をやめる前に、事前に考えることを見ていき...


  • 中国語を活かせる仕事に転職するために必要な語学レベルの基準

    中国と言えば、GDPが世界第2位(2017年7月現在)と、アメリカに次ぐ経済大国になっています。 ビジネスで海外と取引をするときにも、中国の会社は避けて通ることはできません。 したがって、英語に匹敵するぐらいに中国語の需要も高ま...


  • 外資系転職に失敗したくない人におすすめの転職エージェント

    転職を考えるときにひとつの選択肢として、外資系企業への転職が候補にあがると思います。 また、日本企業からの転職の場合は、外資系企業に向いている人もいるでしょう。 しかし、外資系企業の情報は、日本企業よりも収集することが難しいとこ...


  • ボーナス格差に絶句。年代・企業別平均ボーナス相場まとめ

    「うちの会社はボーナスが無い」ということを、聞くことがあります。うちの会社だけ他の会社はちゃんとあるのにと疑問を感じる人もいるでしょう。 やはり気になるのが、他の人のボーナスの金額です。どのくらいもらっているのか、どんな職業なのか知り...