• 転職サイトランキング

ノルマがきつくて営業を辞めたくなった時のベストな対処法は1つだけ

営業職は会社が決めたノルマを達成することができれば、モチベーションもあがりますが、逆にノルマがきつく達成できる見込みがないと非常につらいものです。

ノルマを達成できない月がときどきであればましですが、これが毎月になると仕事を辞めたくなると思います。今回は営業職を辞めたくなったときの対処法を紹介します。

 

ノルマ無しの営業職に転職!これだけです。

ノルマ無しの営業職に転職!

「営業の仕事は嫌いじゃないが、ノルマがきついのがどうしても耐えられない」と、このような悩みを持っている人には、是非ノルマなしの営業に転職することをおすすめします。


また意外なことに、企業によってはノルマなしの営業職も存在します。

このような企業はどちらかというと、大企業よりも中小企業に多い傾向があります。

中小企業の中には、地縁を活かしたパイプが存在している会社が多く、新しく契約を取らずに営業が回ることもあります。

こういった中小企業は、既存の固定客のところに、営業に回るだけでよいためノルマが存在しないケースがあるのです。

 

マイナビエージェント

公式サイト
  • 各業界に精通したキャリアアドバイザーがサポート
  • 応募書類の添削・面接対策が充実
  • 入社後のミスマッチを防ぐため細かな情報も網羅

公式サイトで今すぐ簡単登録

サービス内容をもっと詳しく

リクルートエージェント

リクルートエージェント公式サイト
  • 非公開求人数約10万件!
  • 土日祝も相談OK!
  • 条件交渉もおまかせ

公式サイトで今すぐ簡単登録

サービス内容をもっと詳しく

ルート営業もノルマが低い

またルート営業と呼ばれる営業法を、行なっている会社も全体的にノルマが低いか、ない場合が多いです。

通常は営業を行なうときに、新しい契約者を求めて行なうため新規の企業にアポイントメントを取ったり、飛び込み営業で新規の契約者を獲得に向かったりします。


「ノルマなし」の求人情報を100%信じるのは危険

「ノルマなし」の求人情報を100%信じるのは危険

先ほど紹介したようにノルマなし、もしくはノルマが少ない企業は実際に存在しています。

そして、営業の求人を探してみても多くの企業の求人に「ノルマなし」の文字が書かれています。

しかし、この「ノルマなし」を、うのみにして信じてしまうのは非常に危険です。

実は「ノルマなし」と書かれている求人の中にも、実質的に厳しいノルマを課せられてしまうケースが存在します。


営業職でも給与形態が歩合制(コミッション制)の場合は要注意!

給料が歩合制(コミッション制)の場合は十分注意が必要です。

給料がコミッションの場合は、営業の出来高で給料の金額が前後します。

通常のコミッション制の場合には、基本給として毎月固定の金額が決まっており、営業の成績に応じて追加の歩合がもらえる仕組みになっています。

つまり、営業の調子が悪く一件も契約が取れなかったとしても、給料が0円になることはありません。

 

したがって、通常のコミッション制であれば、よほど基本給が低くなければ、そこまで気にしなくても大丈夫です。


給与形態
給料内容
月給制 基本給のみ
コミッション制 基本給+出来高
フルコミッション制 出来高のみ

本物のノルマ無し求人情報は転職エージェントが知っている

本物のノルマ無し求人情報は転職エージェントが知っている

ここまで話をしたとおり、求人情報のノルマなしを、信頼して転職活動をすることは大変危険です。

しかし、求人情報の中には、本当にノルマがないものが存在しています。この情報を、どのようにして見分ければよいのか見ていきましょう。


転職エージェントの仕組みは

転職業界に関わりが少ないと、転職エージェントというサービスは余り聞きなれないかもしれません。

転職サイトの場合は、求人情報を公開しているだけなので、転職者から求人情報を探しに行かなければなりません。

 

しかし、転職エージェントに登録した場合は、エージェントが転職者にあった求人を探し題して紹介をしてくれます。

さらに、転職エージェントによっては、面接の対策を一緒にしてくれたり、履歴書や職務経歴書の添削まで行なってくれたりします。

これだけのサービスを行なってくれて、登録料は無料の転職エージェントがほとんどです。

転職を考えるときには、まず転職エージェント探しから始めることがおすすめといえるでしょう。


リクルートエージェントは営業職の求人情報量がめちゃくちゃ多い!

転職エージェントの数はたくさん存在しており、それぞれに特色や違いがあります。

若い人におすすめの転職エージェントもあれば、高額年収者向けの転職エージェントなど転職者のニーズによって様々です。

そして、営業職の転職におすすめの転職エージェントも存在します。それがリクルートエージェントという転職エージェントです。



●リクルートエージェントの営業職の求人数(2017年8月現在)

非公開求人
公開求人
34,782件 11,332件

リクルートエージェントは41万人の転職を成功させている!

無事にノルマなしの営業職を見つけたとしても、その企業に転職できなければ意味がありません。

リクルートエージェントは、転職のサポートまでしっかり行ってくれます。



マイナビエージェントは営業職とITエンジニアの転職に強くて評判も良い!

マイナビは、転職サイトとしては最大手ですが、転職エージェントでは大手に少し水をあけられています。

しかし、転職サイトのつながりを活かし、他の大手企業にはない求人を集めているため評判はとてもよいです。

まとめ

ノルマがきついという理由で、転職をしていいものかと悩む人は多くいます。

そういう人は、自分の上司を見て転職を考えるとよいでしょう。

10年後自分が頑張った結果、今の上司のポジションにいたくなければ是非転職をおすすめします。

転職のときには、まず転職エージェント探しから行ない環境を整えることが大切になります。






同じカテゴリーの最新の記事

  • 未経験からITエンジニアに転職する方法まとめ

    転職を考えるときに、「専門的な技能が手に入る仕事がいい」と考える人が増えています。 専門的な仕事として、よくあげられるものにプログラマなどのITエンジニアがあります。 しかしこのような専門職は、未経験からの転職が難しい印象があり...


  • ITエンジニアの転職に本当に役立つ転職エージェントまとめ

    ITエンジニアの転職に本当に役立つ転職エージェントをまとめました。 ITエンジニアといっても、SEからプログラマーと様々な職種があります。またIT業界は常に人手不足といわれ、数多くの求人があります。 そこでせっかく転職するのであ...


  • 正社員を目指す女性の転職におすすめの転職エージェントまとめ

    正社員を目指す女性の転職におすすめの転職エージェントをまとめました。 女性が正社員として転職するには、幾つか押さえておきたいポイントがあります。 そのポイントを教えてくれたり、手伝ってくれたりするのが転職エージェントのアドバイザ...


  • ノルマがきつくて営業を辞めたくなった時のベストな対処法は1つだけ

    営業職は会社が決めたノルマを達成することができれば、モチベーションもあがりますが、逆にノルマがきつく達成できる見込みがないと非常につらいものです。 ノルマを達成できない月がときどきであればましですが、これが毎月になると仕事を辞めたくな...


  • 大学中退から正社員になる!おすすめの就職支援サービスまとめ

    日本の大学中退率は世界的にみて低いとのことですが、ここ数年は増加傾向にあるようです。 大学を卒業した場合でも、なかなか就職をするときには苦労をしますが、中退をした人はなおさら不安に感じてもおかしくはないでしょう。 そこで、20代...


  • 第二新卒におすすめの転職エージェントを完全網羅

    「就活で希望の会社に入社できたものの、業務内容が自分に合っていなかった」と、このような悩みを持ち、新たに第二新卒として転職活動をする人は年々増加しています。 しかし、新卒の就活とは違い情報が少ないため、転職活動に苦戦する人も多いようで...


  • 入社1年目にして仕事をやめたくなった時は迷わず転職すればイイんだよ

    苦労をしながら就職活動を頑張って入社したのに、職場になじめなかったという人もいます。 入社1年目で転職を考えるとき、また就職活動をしなくてはと、多くの人が不安に思うでしょう。 そこで、仕事をやめる前に、事前に考えることを見ていき...


  • 中国語を活かせる仕事に転職するために必要な語学レベルの基準

    中国と言えば、GDPが世界第2位(2017年7月現在)と、アメリカに次ぐ経済大国になっています。 ビジネスで海外と取引をするときにも、中国の会社は避けて通ることはできません。 したがって、英語に匹敵するぐらいに中国語の需要も高ま...


  • 外資系転職に失敗したくない人におすすめの転職エージェント

    転職を考えるときにひとつの選択肢として、外資系企業への転職が候補にあがると思います。 また、日本企業からの転職の場合は、外資系企業に向いている人もいるでしょう。 しかし、外資系企業の情報は、日本企業よりも収集することが難しいとこ...


  • ボーナス格差に絶句。年代・企業別平均ボーナス相場まとめ

    「うちの会社はボーナスが無い」ということを、聞くことがあります。うちの会社だけ他の会社はちゃんとあるのにと疑問を感じる人もいるでしょう。 やはり気になるのが、他の人のボーナスの金額です。どのくらいもらっているのか、どんな職業なのか知り...