• 転職サイトランキング

薬剤師を辞めたくなる3つの原因は転職でスッキリ解決

仕事をしている人のなかで、仕事をやめたいと思う人は少なからずいると思います。

そこで、今回は薬剤師に絞って見てみましょう。薬剤師を辞めたくなるのと、今の職場を辞めたいのとでは、話が変わってきます。

薬剤師の職場での悩みと、転職による問題の解決について考えてみました。

薬剤師の同僚・上司との人間関係トラブル

同僚・上司との人間関係

薬剤師が活躍できる職種は様々!

仕事の悩みランキングで常に上位にある、「人間関係」は誰しもが一度は悩まれるものではないでしょうか。

仕事では同僚や上司など常に誰かと作業をしているため、人間関係が多分に関わっています。

薬剤師の職場は、大きく分けて病院、調剤薬局、医薬品メーカー、ドラッグストアとあります。

職場環境によって、仕事内容や人間関係に違いが生じてきます。立場や周りとの連携に、悩む人も多いようです。



薬剤師はどうして転職率が高いのでしょうか?

職場の人間関係がこじれやすいんでしょうか?
それとも他に転職したいという理由があるのでしょうか?

https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q14175434159?__ysp=6Jas5Ymk5birIOS6uumWk%2BmWouS%2Fgg%3D%3D


残業・激務


●薬剤師の給与は安い

給与が安い

薬剤師の給料は、仕事の割りにやすいと言う理由で転職を考える人もいます。

薬剤師の平均年収は、2016年度は520万円となっています。

職業別にみると決してすごく安いと言うわけではありません。

平均年収 男性 420万円 女性 276万円
薬局 500~600万円
病院 400~600万円
医薬品メーカー 600~1000万円
ドラッグストア 400~500万円

上記の表は薬剤師として働いている人の、平均年収になります。

金額を見るとそれほど安い年収ではないことが分かります。男女ではかなりの差がありますが、これは年齢や役職による差が反映しています。

他の職種と比較をしても、遜色のない年収といえますが安いと言われている理由がなんなのかこの後に考えていきます。



薬剤師の給料ってなんであんなに安いんですか?
他の職業に比べ6年間も大学に行き、それから国試を受け合格しなければならない。国立に行こうと思うと相当レベルが高いし浪人の割合だってかなり高い。しかし私立に行けば6年間で家が買えるほどの学費がかかるし。
なのに就職してみたら女性の中の給料ランキング15位ほど...。
医療界の職だし、学歴もいるし、なのになんであんなに安いんですか?
学歴が院まで必要とされる大学教授や、高校教師の給料が高いのはわかりますが、何故4年制大学でなれる小中の教員の給料よりも少ないのか理解できません。

https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q11157200211?__ysp=6Jas5Ymk5birIOWuieOBhA%3D%3D




医薬品メーカーでの薬剤師

今まで薬剤師と言えば、調剤薬局、病院、ドラッグストアがおもでしたが、医薬品メーカーに転職を希望する人も多いそうです。

調剤薬局に5割、病院に2割、医薬品メーカーに1割の割合で薬剤師は働いているとも言われています。

医薬品メーカーでは、薬剤師はどのような仕事をするのでしょうか。

  • 研究職
  • 開発職
  • MR職医薬情報担当者
  • 学術職
  • 薬事
  • 治験コーディネーター
  • 管理薬剤師

メーカーによって、変わってきますが以上のようなものがあります。それぞれの仕事内容は次のとおりです。

  • 研究職は日々新しい薬を作るため研究します。
  • 開発職は研究された薬の安全性や有効性を確かめます。
  • MR職は企業や医者に薬の情報を提供や営業をします。
  • 学術職は一般の方、医師、薬剤師に医薬品についての情報を提供します。参考文献で英文を読むことが多く、英語のスキルも必要です。
  • 薬事職は、薬の申請をします。
  • 治験コーディネーターは治験に関する仕事を全般的に関わります。
  • 管理薬剤師は薬の責任者と言われており、薬の品質管理や行政との対応をします。

このように医薬品メーカーに勤めた場合でも、様々な仕事がありますのでどのような所に所属されるかによって作業内容が異なります。

配属される部署によって、必要なスキルも変わってくるでしょう。

 

医薬品卸の管理薬剤師をしています。
卸に勤めていると、薬、麻薬や管理品目、販売先と規制区分の関係はもとより、流通について医師薬剤師にも上手に説明、案内ができないため、「そりゃクレームになるっしょ」というMS、事務のレベルに辟易しています。

やっぱメーカー直販がいいかなと思いますが、MR、薬剤師の方、どう思われますか?

https://chiebukuro.yahoo.co.jp/search/;_ylt=A2RiomAwxmlZnQMANg9OY.B7;_ylu=X3oDMTBwOGNhMXZkBHZ0aWQDY2hpZWJ1a3Vyb19zcmMxMF8wMDQ-?p=%E8%96%AC%E5%89%A4%E5%B8%AB+%E5%8C%BB%E8%96%AC%E5%93%81%E3%83%A1%E3%83%BC%E3%82%AB%E3%83%BC&class=1&aq=-1&oq=&ei=UTF-8

 

薬剤師転職サイトの選び方

薬剤師転職サイトの選び方

薬剤師としての転職を希望する場合

薬剤師専門の転職サイト、大手転職サイトとで比べていきましょう。

薬剤師専門の転職サイトでは、専門と掲げているので薬剤師の転職のみ扱い、幅広い企業の求人があると言えます。

一方で大手転職サイトでは、情報が多く細かなところまで知ることができると言った点があります。

 

どのサイトを利用するかは、転職する目的によって選ばれると良いでしょう。

人間関係の改善、勤務状況の改善、給料に不満があるなど、自分が何を望んで転職するのかを、明確にすると転職も進めやすくなります。

又幾つもあるなかからひとつのサイトに絞るのもよいですが、数社に無料登録をして自分にマッチした仕事を見つけるのもひとつの方法です。

転職の場合は今持っている知識やスキルを最大限活かしつつ、新たなことに挑戦できる場所に選ぶこともいいでしょうし、仕事をセーブしたいのであれば自分のスキルだけでできるような仕事を選ぶこともいいでしょう。

 

薬剤師以外の職に転職を希望する場合

調剤などをする薬剤師を辞めて、他の職に就きたい人は、転職サイトはどこをみれば良いのでしょうか。

完全に薬剤師から外れるとなれば、総合転職サイトで、自分のやりたいものを見つけるのがよいです。

薬剤師の仕事以外で薬剤師ができる仕事を探すのであれば、薬剤師転職サイトには医薬品メーカーの開発などの求人があるので、利用すると良いでしょう。

様々な転職情報サイトを見てみて、気に入ったところに一通り登録してみることをおすすめします。

 

薬剤師転職サイト

マイナビ薬剤師
https://pharma.mynavi.jp/

検索すると必ず出てくるサイトです。
4年連続人気No.1とのことで、多くの人が利用しているようです。
メディウェル
https://www.ph-10.com/lp1/smp/nensyu/form.html?utm_source=presco&utm_medium=affiliate
厚生労働省認可のサービスで無料。
薬キャリ
https://agent.m3career.com/lps/aff/agt_02?utm_source=presco&utm_medium=affiliate&utm_campaign=cocopharma
求人数がNo.1。比較的、派遣やパートの形態の求人が強みのようです。
ファーマキャリア
https://pharmacareer.jp/lp/a/sp/index.php?utm_source=presco&utm_medium=cpa&utm_campaign=order
オーダーメイドできる求人サイト。
ファルマスタッフ
https://www.38-8931.com/mobile/job/entry_lp_af01.php
大手「日本調剤会社」が運営するサイトです。教育にも力をいれていて、80名のコンサルタントがいます。
薬剤師転職ドットコム

検索すると名前が上がってくるサイトですが、上記のメディウェルと同じです。
メディウェルが運営するサイト名です。
リクナビ薬剤師
https://rikunabi-yakuzaishi.jp/sp/listing/?tpl=asda003&route_no=6620&VOS=evasaf0010003
 

上記の一覧表は、求人サイトの一部をまとめたものです。

参考にしていただき、色々と情報を収集してみてください。

また、これらのサイト以外にも求人情報は入手できますので、様々なものを比較してみることをおすすめします。

 

まとめ

薬剤師の転職には、人それぞれの置かれている状況やタイミングによって、変わってきます。

人間関係であったり、仕事の大変さだったり、給料に不満があったりと、転職するには理由があります。改善したい内容に絞って転職先を探すのが近道です。

無料で登録できる転職サイト登録すると、専門のアドバイザーから教えてもらえるので、おすすめです。






同じカテゴリーの最新の記事

  • 未経験からITエンジニアに転職する方法まとめ

    転職を考えるときに、「専門的な技能が手に入る仕事がいい」と考える人が増えています。 専門的な仕事として、よくあげられるものにプログラマなどのITエンジニアがあります。 しかしこのような専門職は、未経験からの転職が難しい印象があり...


  • ITエンジニアの転職に本当に役立つ転職エージェントまとめ

    ITエンジニアの転職に本当に役立つ転職エージェントをまとめました。 ITエンジニアといっても、SEからプログラマーと様々な職種があります。またIT業界は常に人手不足といわれ、数多くの求人があります。 そこでせっかく転職するのであ...


  • 正社員を目指す女性の転職におすすめの転職エージェントまとめ

    正社員を目指す女性の転職におすすめの転職エージェントをまとめました。 女性が正社員として転職するには、幾つか押さえておきたいポイントがあります。 そのポイントを教えてくれたり、手伝ってくれたりするのが転職エージェントのアドバイザ...


  • ノルマがきつくて営業を辞めたくなった時のベストな対処法は1つだけ

    営業職は会社が決めたノルマを達成することができれば、モチベーションもあがりますが、逆にノルマがきつく達成できる見込みがないと非常につらいものです。 ノルマを達成できない月がときどきであればましですが、これが毎月になると仕事を辞めたくな...


  • 大学中退から正社員になる!おすすめの就職支援サービスまとめ

    日本の大学中退率は世界的にみて低いとのことですが、ここ数年は増加傾向にあるようです。 大学を卒業した場合でも、なかなか就職をするときには苦労をしますが、中退をした人はなおさら不安に感じてもおかしくはないでしょう。 そこで、20代...


  • 第二新卒におすすめの転職エージェントを完全網羅

    「就活で希望の会社に入社できたものの、業務内容が自分に合っていなかった」と、このような悩みを持ち、新たに第二新卒として転職活動をする人は年々増加しています。 しかし、新卒の就活とは違い情報が少ないため、転職活動に苦戦する人も多いようで...


  • 入社1年目にして仕事をやめたくなった時は迷わず転職すればイイんだよ

    苦労をしながら就職活動を頑張って入社したのに、職場になじめなかったという人もいます。 入社1年目で転職を考えるとき、また就職活動をしなくてはと、多くの人が不安に思うでしょう。 そこで、仕事をやめる前に、事前に考えることを見ていき...


  • 中国語を活かせる仕事に転職するために必要な語学レベルの基準

    中国と言えば、GDPが世界第2位(2017年7月現在)と、アメリカに次ぐ経済大国になっています。 ビジネスで海外と取引をするときにも、中国の会社は避けて通ることはできません。 したがって、英語に匹敵するぐらいに中国語の需要も高ま...


  • 外資系転職に失敗したくない人におすすめの転職エージェント

    転職を考えるときにひとつの選択肢として、外資系企業への転職が候補にあがると思います。 また、日本企業からの転職の場合は、外資系企業に向いている人もいるでしょう。 しかし、外資系企業の情報は、日本企業よりも収集することが難しいとこ...


  • ボーナス格差に絶句。年代・企業別平均ボーナス相場まとめ

    「うちの会社はボーナスが無い」ということを、聞くことがあります。うちの会社だけ他の会社はちゃんとあるのにと疑問を感じる人もいるでしょう。 やはり気になるのが、他の人のボーナスの金額です。どのくらいもらっているのか、どんな職業なのか知り...