• 転職サイトランキング

最悪な上司が職場にいた時の対処法まとめ

職場のトラブルは様々で避けられないものですが、人間関係、特に上司とのトラブルに悩んでいる人は多いと思います。

自分の仕事がはかどる上司にあたればよいですが、仕事の邪魔になったり、心理的に負担になる最悪な上司にあたってしまったりすることもあります。

今回はこのような最悪の上司の対処法を紹介していきます。

 

職場のストレスは最悪な上司のせい

職場のストレスは最悪な上司のせい

職場をストレスなく過ごすことは、非常に大切ですよ。1日8時間以上が仕事時間だとすると、起きている時間の半分は仕事をしている時間になります。

しかし、厚生労働省の調査によると、職場で強いストレスを感じている人は全体の55%を超えます。

さらにその内で、人間関係によってストレスを貯めている人は35.7%もいるようです。

 

仕事や職業生活に関するストレスの内容(3つまでの複数回答、一部抜粋)

順位 内容 割合
1位 仕事の質・量(内容等) 57.50%
2位 対人関係 (パワハラ・セクハラ含む) 36.40%
3位 仕事の失敗、責任の発生等 33.20%
4位 役割・地位の変化等(配置転換など) 23.90%

厚生労働省(政府統計窓口e-Stat)平成27年 労働安全衛生調査(実態調査):

http://www.e-stat.go.jp/SG1/estat/GL08020103.do?_toGL08020103_&tclassID=000001084999&cycleCode=0&requestSender=estat

 

人間関係のせいで、仕事上ストレスを抱えている人は決して珍しくはありません。

そんな人間関係で、特に大変なのが上司との付き合い方です。

同僚や部下は、気が合わない場合は余りかかわりを持たずにあり過ごすことはできますが、上司は報告をしたり仕事の提出をしたりなど、毎日かかわりがあります。

そんな上司があなたにとって最悪な人だったらとても悲惨です。毎日が最悪な日々になってしまいます。

では、最悪な上司にはどのような特徴があるのか見ていきましょう。

 

パワハラについて。

上司との人間関係に悩んでいます。
下記の件がパワハラに該当するか教えて下さい。

・同僚と同じ失敗をしても同僚はお咎めなし、私は始末書を提出させられる。
・同僚と同じ頼み事をしても同僚は上司が対応。私は自分でどうにかしろと言われる
・部署全体で調べ物をしたときに過去の間違いは現在の担当が調べるので過去の担当者は何もしなくていいとの指示だったのに私だけ過去と現在の担当のところを調べなおさせられる。
・同僚が残業したのは私のせいだと言われる(同僚には何も依頼した事もなく何故そう言われるかわかりません)
・指示を受けていないことも指示をしたと言われ、その指示を実行していないと怒られる。
・1年近く前の間違いを何故間違ったのか問い出され、回答しても上司の納得のいかない回答だと「そんな理由で間違う訳がない」と言われ上司が納得する回答が出るまで2畳ほどの部屋に上司と1対1で何時間も閉じ込められる
・別の部署の仕事を手伝えと言われる(別の部署の人には手は足りており手伝いは必要ないと言われています)
・私がやり遂げた仕事を楽になった途端取り上げお気に入りの部下に担当をうつす。
・私が調べた内容でも自分が調べたと別の上司に報告
・同僚に私とご飯に行ったり喋るなと指示をする
・上記とは別の同僚に私を泣かせたとか自分の言動で震えていたとうれしそうに報告(泣いていません)

ほかにも様々ありますが、上記の内容はパワハラに該当しますでしょうか?
それとも私の考えすぎでしょうか。

同僚には自分に対する態度と私に対する態度が全然違うと言われています。

https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q11170436486?__ysp=44OR44Ov44OP44OpIOS4iuWPuA%3D%3D

 

最悪な上司に共通する特徴

最悪な上司に共通する特徴

自分にとっての最悪な上司はどのような人でしょうか。

人によって、性格や仕事のやり方など様々な例があげられると思います。

しかし、世の中の人があげる最悪な上司には、ある一定の共通する項目があるようです。

特徴を抑えることで、対処法にもつながりますので、自分の上司にも当てはまっていることがあるのかどうか見比べてみてください。

 

 

●責任を回避する上司

「責任は俺が持つから、自由にやりなさい」とさらっといえる上司は、非常に頼りになりかっこいいですね。

逆に、責任を取ろうとしない上司は、全く頼りにならず信頼がおけません。

部下が仕事をミスしたとしても、「失敗した部下が悪い」「俺がやったらそんな失敗はしなかった」などと完全に部下の責任にさせようとしてきます。

そればかりか、上司自身の失敗も「○○の段取りがよければこんな失敗はしなかった」「○○のプレゼン資料が悪い」のように、自分の失敗を棚に上げ完全に部下のせいにします。

このように仕事の責任が、自分にのしかかる心配があると安心して仕事ができません。

仕事の責任を十分に取れない上司は、信頼のおけない最悪な上司です。

 

●仕事をサボる上司

あなたの上司はしっかり職場で仕事をしていますか。

現場で仕事をしながら、管理職の仕事をこなすことができるのが理想の上司だと思います。

これに対して、最悪な上司は、仕事を部下にすべて押し付けて自分は仕事をしないことや、いつも自分のデスクから離れて、仕事をサボっているといった仕事を避けて楽をしようとすることです。

 

仕事に対してやる気がなく、仕事の時間をいかに早く過ぎ去らせるかを考えているタイプの上司です。

この上司は全体的に仕事ができない傾向にあります。

仕事ができないから、自分で仕事を行なわずに部下に押し付けてしまうようです。

 


最悪な上司の対処法

最悪な上司の対処法

最悪な上司と一緒に仕事をしながら、最もよくないケースが、上司とのやり取りを苦痛に感じてメンタルをやられてしまうことです。

悲しいことですが、職場内でのトラブルで心の病気になってしまい休職してしまう人は、0.4%いるそうです。

日本の就業者数は、6519万人(2017年5月)いますので、単純計算をすると休職した人は26万人にのぼるようです。

せっかく一生懸命仕事をしていたとしても、心の病気で休職や退職をしてしまっては元も子もありません。

そこで、こんな最悪な上司がいたとしても、被害を最小限に抑えることができる対処法を説明していきます。

 

参考:総務省統計局 労働力調査 長期時系列データ

http://www.stat.go.jp/data/roudou/longtime/03roudou.htm



●上司よりも仕事ができる様になる

最悪な上司の中には仕事が上手くできない人もいます。

そのような上司に有効な対処法は、上司よりも仕事ができる様になることです。

上司より仕事ができると、心にゆとりができます。

すると上司から理不尽なことを言われたとしても、「この人は仕事ができないから、私に当たっているのだな」などのように、冷静に会話をとらえることができます。

 

また、仕事ができることが周囲に知られてくれば、上司のさらに上司の目に留まる可能性も出てきます。

上手くいけば、上司と違う部署に転属になったり、上司を押しのけて役職に就くことができたりするかもしれません。

なにより、最悪な上司に気を取られて仕事がおろそかになってしまうと、せっかくの昇進や昇給が無くなってしまうかもしれません。

上司のせいで、自分の将来をふいにしないように仕事に取り組むことが大切です。

 


「上司が最悪だから仕事辞める」はあり?

「上司が最悪だから仕事辞める」はあり?

「最悪な上司との関係性が維持できずどうしようもできない」、そのような人の最後の手段として考えるのが、仕事自体を辞めてしまうことです。

しかし、人間関係が理由で仕事を辞めてしまうのは、とても気が引けるものです。

病気や怪我で仕事ができない状況であるわけでもなく、結婚や親の家業を継ぐなどの明確な退職理由があるわけでもありません。

そのため気持ちが引けて退職に踏み切れない気持ちもあるでしょう。

しかし、厚生労働省の統計データにこのようなものがあります。

 

転職入職者が前職を辞めた理由 厚生労働省調べ(一部抜粋)
退職理由 割合
職場の人間関係 7.80%
定年、契約満了 15.60%
労働条件が悪いため 10.40%
収入が少ない 10.10%
会社の将来が不安 8.60%

厚生労働省 平成25年雇用動向調査結果の概況:結果の概要より

http://www.mhlw.go.jp/toukei/itiran/roudou/koyou/doukou/14-2/kekka.html

 



パワハラ上司が嫌で死にたくなります。
連日、上司から暴言を吐かれ自分が仕事で不明な点(上司から指示されたもの)・上司の意味不明な発言に対し質問すると
あからさまな溜息を吐かれます。
日々の暴言で上司に対し萎縮してしまう自分がいけないと頭では分かっているのですが
心がついていきません。
30代半ばということもあり、職もなかなか見つからず…。
精神的に追い詰められてきておりますが、首つりや飛び降りした場合、後処理が大変だよ。と聞いたことがあり周りに迷惑をかけたくない。と思う自分がいます。
死にたいけど周りに迷惑をかけたくない。
どうすればいいのでしょうか。

https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q11156067311?__ysp=44OR44Ov44OP44OpIOS4iuWPuA%3D%3D

 

退職前にしっかり自分を見つめなおすこと

退職前にしっかり自分を見つめなおすこと

退職をする上で気をつけたいことは、感情に任せて退職を決めないことです。

いくら最悪な上司に理不尽な仕打ちをされたとしても、その場で「仕事を辞めさせてもらいます」と発言するのだけはやめましょう。

勢いで決めたことは、どうしても後ほど後悔してしまいがちです。撤回するにしても、職場関係に支障が出るかもしれません。

もしも、「こんな仕事辞めてやる」と思ったとしても、帰宅するまでは堪えましょう。

そして帰宅したら、できる限りひとりで考えずに親しい人と相談することがおすすめです。

ひとりで考えるよりも、相談をする方が考えをまとめやすいため結論が出しやすいです。

 


まとめ

最悪な上司は、仕事ができなかったり、人として信用ができなかったりすることが多いです。

できる限り関わり合いを持たずに、仕事を行なうことが大切ですが、もしも、耐えられない場合は退職するのも一つの手です。

もしも、悩んでいるのであれば、会社の人事や行政の人などに相談して、解決方法を探っていきましょう。






同じカテゴリーの最新の記事

  • 未経験からITエンジニアに転職する方法まとめ

    転職を考えるときに、「専門的な技能が手に入る仕事がいい」と考える人が増えています。 専門的な仕事として、よくあげられるものにプログラマなどのITエンジニアがあります。 しかしこのような専門職は、未経験からの転職が難しい印象があり...


  • ITエンジニアの転職に本当に役立つ転職エージェントまとめ

    ITエンジニアの転職に本当に役立つ転職エージェントをまとめました。 ITエンジニアといっても、SEからプログラマーと様々な職種があります。またIT業界は常に人手不足といわれ、数多くの求人があります。 そこでせっかく転職するのであ...


  • 正社員を目指す女性の転職におすすめの転職エージェントまとめ

    正社員を目指す女性の転職におすすめの転職エージェントをまとめました。 女性が正社員として転職するには、幾つか押さえておきたいポイントがあります。 そのポイントを教えてくれたり、手伝ってくれたりするのが転職エージェントのアドバイザ...


  • ノルマがきつくて営業を辞めたくなった時のベストな対処法は1つだけ

    営業職は会社が決めたノルマを達成することができれば、モチベーションもあがりますが、逆にノルマがきつく達成できる見込みがないと非常につらいものです。 ノルマを達成できない月がときどきであればましですが、これが毎月になると仕事を辞めたくな...


  • 大学中退から正社員になる!おすすめの就職支援サービスまとめ

    日本の大学中退率は世界的にみて低いとのことですが、ここ数年は増加傾向にあるようです。 大学を卒業した場合でも、なかなか就職をするときには苦労をしますが、中退をした人はなおさら不安に感じてもおかしくはないでしょう。 そこで、20代...


  • 第二新卒におすすめの転職エージェントを完全網羅

    「就活で希望の会社に入社できたものの、業務内容が自分に合っていなかった」と、このような悩みを持ち、新たに第二新卒として転職活動をする人は年々増加しています。 しかし、新卒の就活とは違い情報が少ないため、転職活動に苦戦する人も多いようで...


  • 入社1年目にして仕事をやめたくなった時は迷わず転職すればイイんだよ

    苦労をしながら就職活動を頑張って入社したのに、職場になじめなかったという人もいます。 入社1年目で転職を考えるとき、また就職活動をしなくてはと、多くの人が不安に思うでしょう。 そこで、仕事をやめる前に、事前に考えることを見ていき...


  • 中国語を活かせる仕事に転職するために必要な語学レベルの基準

    中国と言えば、GDPが世界第2位(2017年7月現在)と、アメリカに次ぐ経済大国になっています。 ビジネスで海外と取引をするときにも、中国の会社は避けて通ることはできません。 したがって、英語に匹敵するぐらいに中国語の需要も高ま...


  • 外資系転職に失敗したくない人におすすめの転職エージェント

    転職を考えるときにひとつの選択肢として、外資系企業への転職が候補にあがると思います。 また、日本企業からの転職の場合は、外資系企業に向いている人もいるでしょう。 しかし、外資系企業の情報は、日本企業よりも収集することが難しいとこ...


  • ボーナス格差に絶句。年代・企業別平均ボーナス相場まとめ

    「うちの会社はボーナスが無い」ということを、聞くことがあります。うちの会社だけ他の会社はちゃんとあるのにと疑問を感じる人もいるでしょう。 やはり気になるのが、他の人のボーナスの金額です。どのくらいもらっているのか、どんな職業なのか知り...